FXで稼ぐために必要なこと、とは?

FXで稼ぐために必要なこと、とは?

FXで稼ぐために必要な事はいったいなんでしょうか?

それは、それはあなたが、どのようにしてFXで稼ぎたいのか?によって条件が違ってきます。

例えば、FXで大金を稼ぎたいのか、コツコツと安定して儲けたいのか?
またはスワップ金利で有利に利益を得たいのか。

 

一口にFXで稼ぐといっても、いろんな方法があるのです。

 

しかし、以下の2つの方法はFXで稼ぐための大前提なりますので、
覚えておいて損はないです。

 

FXで稼ぐために一番必要な事は情報を調べ使える力です。

為替は色々な要因で変動しますが、一番の変動要因は各国や専門の機関が発表する指標です。
代表的なのはアメリカの雇用統計発表や連邦公開市場委員会(FOMC)の政策金利発表などがありますが、
これら以外にも重要な指標があります。

この指標の時間をしっかりと頭に入れておき、
またその指標発表時にはどれぐらいの為替変動幅になるのかを
頭に入れて取引しないといけません。

 

この指標を発表時刻を頭に入れておくと、
大幅な為替変動がある可能性があるから一度決済して様子を見ようか、
取引枚数を減らそうかなど対策が打てるので、しっかりと情報を調べて、
対策を打てる力をつけましょう。

 

自分のルールをしっかりと決めて守れる力です。

FXで稼いでいる人は、自分の中でしっかりとルールを決めそれを機械的に守っています。
人それぞれだと思いますが、例えば私のルールですが、
金曜日のアメリカ市場が閉まる時(日本時間の土曜朝方)にはすべてを決済する。
このようなルールを定めています。

この理由は、土日にアメリカや日本、EUなどで大きな政策が発表されたり、
大災害やテロが発生した場合、為替が大幅に変動します。

 

月曜日に市場が開いくまでに、決済も追加投資もできないので、
目も当てられない状態になっているのを防ぐために、このルールを守っています。

金曜日に持ち越してしまいますと、土日も為替が気になって休みどころの話で無くなるので、
私はルールを守っています。

 

FXで儲かっている人のブログやツイッターなどをよく読むのですが、
一番多いルールは、ナンピンを何回までするかを制限しているルールの人が多いです。

 

やはりどこかでポジションを諦めないといけない場合もFXにはありますので、
ナンピンは4回までとか、最大でも6回までと、「マイルール」を決めている人が多いです。

 

ポジションだけではなく、いくら利益が出たら決済する、
逆にいくら損失が出たら損切りするなどのルールを決めている人も多いです。

 

「マイルール」は、投資する額や、FXをできる時間が限られている場合など
それぞれだと思います。

ですので、自分に一番あう「マイルール」を見つけて下さい。

 

何回も試行錯誤して、ルールをどんどん改善するのもFXで稼ぐために必要です。

 

さらに、FXで稼ぐためには、情報のしっかりとした確認と自分のルールを徹底的に守る事。
そして、それを継続していると自然と勝てる力がついています。

情報とマイルールをノートなどにつけて見ると、稼ぐためのヒントが隠されているかも知れません。

 

FXで稼ぐためのコツサイトはこちらから!

サブコンテンツ

このページの先頭へ