FXを30代から始める手順

 

FXへの挑戦は現在がチャンス

通勤中のつり側広告の「投資のこつ」「日経平均が」「FXで億万長者」など
記事タイトルを見て、或いネットの宣伝にFX会社の口座開設の
リンクが出るなどFXに興味を持ち、始めたい方も多いと思います。

 

まず、現在の経済情勢を確認してみましょう。

現在は、デフレからインフレへと経済情勢が変わろうとしています。
インフレ時には、貯金しているだけでは、お金の価値が減っていきます。

 

もちろん額面は減りませんが価値が低くなっていきます。
そのため、FXを始めるなら今の時期が一番合っている
と言っても過言ではない時期です。

 

FXは時間、場所に縛られない

30代と言いますと会社でも役職を与えられ仕事に追われる毎日を過ごしている
という方が多いと思います。

そんな方でもFXの取引は大丈夫です。

 

FX取引のイメージと言いますと、何台ものパソコンの画面を見ながら取引している
というイメージを持っている方もいると思います。

現在は証券会社も様々な工夫をしてくれておりますので、
スマートフォン1台あれば取引する事が可能です。

通勤、退勤時のちょっとした時間にスマホでFXをする事が可能です。

 

FXの始め方

まずは証券会社にて口座を開設しないといけません。

証券会社を開設しますと勧誘電話などされて困ると思っている方もいると思いますが、
そのような電話は今はほとんどありません。

実際問題、私は一度も掛かってきた事がありませんので、安心して開設しましょう。

 

開設するだけで、キャンペーン中であれば、なんと現金が貰える証券会社もありますので、
証券会社のホームページのキャンペーン欄を確認し、
しっかりと開設キャンペーンで貰えるものは貰っておきましょう。

 

証券会社の選び方

証券会社の選び方は、上記のキャンペーンで決める方もいますし、
友達が使っている証券会社を使うなど様々ですが、
FXするにあたり、私が一番おすすめするのは、1000通貨から取引できる証券会社です。

 

単位がちょっと分らないと思いますので、
ドル円の取引で説明します(分りにくいので1ドル=100円とします)。

1000通貨とは、1000ドルの事です。日本円にすると10万円です。
日本の証券会社の場合は25倍までレバレッジをかける事ができますので、
「10万÷25倍=4000円」1000ドルの取引が4000円でできる事になります。

ドル円を100円の時に1ドル買いますと、101円になると1円の儲けです。

逆に99円になると1円の損です。
これが1000ドルになると1000円の儲け、1000円の損という取引ができるのがFXです。
最初は1000通貨での取引で徐々になれていき、
5000通貨、1万通貨、5万通貨と増やしていってください。

 

ということで、最初の取引は1000通貨でやる事を私はお勧めしますので、
1000通貨から取引できる証券会社を選んでください。

おすすめのFX会社はこちら

デモトレードは意味がない?

証券会社を開設すると1週間もすると開設のお知らせが届きます。
入金してさっそく取引の開始です。

デモトレードを最初にやれなどと書いている専門書もありますが、
そこまで真剣に取り組まなくてもいいと思います。

ある程度操作感などを学んでトレード自体に慣れるのであれば、
少しはいいかもしれません。

 

できれば、デモトレードと実際のトレードは全然違うので、
最初から本トレードをしてください。

そのために上記で書いた1000通貨から取引できる証券会社を選んでください。

 

1000通貨での取引(ドル円の例)は、為替が1円動くと1000円の利益か損益になります。
ドル円が80円から120円になっても、4万円の利益か損益です。

1日2円動くと大騒ぎですので、40円動く事など実際にはほぼありません。

1000通貨ですとどれだけ損失が出ても1万円程度ですから、
安心して本トレードをしてください。

 

デモトレードをやる意味はあまりないのですが、
FX会社によってトレード画面などが違うので、操作になれるのであれば、
デモトレードの意味があるかもしれませんが、あまりお勧めしません。

 

このようにFXはやってみると
何だこんなものかと拍子抜けするぐらい簡単です。

FXをする事によって、世界情勢や国内情勢を勉強する事もあり、
本業との相乗効果が生まれるかもしれません。

 

インフレへ向かっている状況ですから、まずは口座開設してみて、
1000通貨から投資する事をお勧めいたします。