定期預金よりスワップで稼いだほうが断然効率がいい!

定期預金の金利の低さ

名前を出すわけにはいきませんが、
大手銀行の1年もの定期預金の金利が現在、0.025パーセントです。
元国営の某銀行で、0,035パーセントの超低金利時代です。

100万円をこの利率で1年間定期預金しますと、なんと250円しか利息がつきません。
さらにそこから、所得税と住民税が引かれますので、250円以下になってしまいます。

100万円を銀行に1年間預けると、100万250円程度になって返ってきます。
デフレ時代はこれでも良かったかもしれません。

 

しかし、現在は日本銀行が「2パーセント」の物価上昇を目標にしております。
そのため、日本銀行のやっている政策が成功すれば、現在の100万円が、
1年後2パーセント価値が下がる事になります。

100万円はいつでも100万円ですが、インフレ時は、100万円の価値が下がっていきます
(逆にデフレ時は価値は上がります)。

 

そのため、定期預金をしていると残念ながら金利よりも、
物価の上昇率が高いので、損をしている事になります。

 

FXにはスワップポイントがある

例えばですが、ニュージードルと円の場合は1万通貨の買いポジションを持っていると
1日で約60円スワップがつきます。

ニュージードルを1万通貨持つのに必要な証拠金は3万1000円です。
大手銀行で100万円預けると250円ですが、
ニュージードルの買いポジションを5万通貨持っていると1日で約300円の
スワップをもらう事ができます。5万通貨に必要な証拠金は15万5000円です。

 

100万円を定期に預けると1年で250円ですが、
ニュージードルを15万5000円買うだけで1日約300円です。


どちらがお得かは一目瞭然で、
定期預金でお金を寝かしておくのは大変もったえない気がします。

しかし、これだけ良い事なら皆なぜしないのかといいますと、
為替変動によるリスクが存在するからです。

FXの場合は残念ながら為替変動によりロスカットされたり、
損益が出る恐れがあります。

例えば、現在1ドル76円のニュージー円を5万通貨持ってまして、
1ドル70円まで円高に急騰しますと30万円の損失がでます。

 

このような為替リスクがあります。

逆に1ドル80円まで円安が進みますとスワップと20万円の利益がでます。
為替リスクも考えて慎重に投資しましょう。

 

定期預金は元金が保証されていますが金利は低いです。
スワップポイントは為替リスクがあるものの、
定期預金の300倍以上のスワップが付与されます。

 

インフレ時代には、お金を運用しないと、貯金が目減りしてしまうので、
自分の資産額を考えて、何パーセントかは、
このスワップポイントを稼ぐために資産分散しては如何かと思います。