FXではどの通貨ペアが稼げるのか?

FXでは2つの通貨間の売りや買いの取引を行うことになってきます。
この取引する2つの通貨を通貨ペアと言います。

 

通貨ペアの種類としては、
片方が日本円のドル円やユーロ円、オーストラリアドル円などがあります。

他にも新興国通貨を組合わせた通貨ペアで、
南アフリカランド円やトルコリア円などが存在しています。

さらに外貨どうしの通貨ペアではユーロドルといったものも用意されています。

 

このように多くの通貨ペアの中から、どれを選ぶかによって
儲かる取引ができるかどうかが決まることになります。


では、どの通貨ペアが儲かりやすいかというと、
やっぱりドル円が挙げられます。


ドル円は日々の情報がニュースなどを通じて得やすい環境があるからです。
そのため、日本とアメリカのファンダメンタルズを把握することが容易となっているため、
FXで儲かる確率が高くなることが期待できます。

また、ドル円は多くの投資家が取引をしていることから、
価格形成が安定するようになっています。

 

その結果として、トレンドが分かりやすくなっていたり、
テクニカル分析が有効に働く面があり、儲けやすい通貨ペアと言えます。

 

さらに日本とアメリカでは金融政策が逆の方向性となっているため、
為替の動きが把握しやすい面があります。

日本では金融緩和政策が実施されているのに対して、
アメリカでは金融引締めが始まっています。


このように逆の金融政策が行われていると、
為替はどちらか一方向の動きをすることが多くなり、取引がしやすい面が出てきます。


ドル円以外の金融政策の違いが出ている通貨ペアとしては、
ユーロドルも同様のことが言えます。

ユーロ圏でも金融緩和を強める動きがあるため、
今後はドルが買われていくことが予想できるからです。