FXで稼ぐ人とそうでない人の決定的な違い

FXをはじめとするトレードの世界では、稼ぐ人というのはほんの一握りで
その他大勢の人たちはマイナスを出していると言われています。

確かに、相対取引をメインとしている日本のFX会社が、
大儲けしていることを考えれば、それは一目瞭然です。

 

それでは、実際に利益を上げ続けている投資家は
どのような手法を使っているのでしょうか?

 


まず、トレード初心者の場合には、
多くの人がファンダメンタルズから入っていきます。

それもそのはずでFXの場合では、
為替の教科書を見るとその国の経済動向や金利動向など
ファンダメンタルズのことしか書かれてないからです。

しかし、この方法では決して利益を上げ続けることはできません。

 

FXとは単純な為替取引ではなく、
証拠金取引というりっぱな先物取引なのです。


そして、ファンダメンタルズで利益を上げることができないと理解すると、
次にテクニカルの世界にはまることになります。

テクニカルと出会うことで、まるで広い海の中で羅針盤を得たような気持ちになります。
そして、秘密のテクニカル手法があると信じて一生懸命に勉強することになります。

 

確かに、ファンダメンタルズでトレードしていた時よりは勝てるようになります。

 

しかし、あたかも賽の河原にいるかのようにコツコツと利益をだしては、
1回のミスですべてを失うことになり、この流れを何回も繰り返すことになります。

 

問題なのは、せっかくのテクニカルという技術も
残念ながらファンダメンタルズ同様に相場観に過大に依存してしまうので、
利益を出し続けることができずに1回のミスでマーケットから退場させられることになるのです。


そして、ここから先の世界で稼ぐ人とそうでない人の決定的な違いが出てくるのです。

 

稼ぐ人のトレードのコツとは、自分なりのパターンを持っているということです。


例えば、同じようにボリンジャーバンドというテクニカル指標で売買している人でも、
稼いでいる人と損している人がいます。

これには、ボリンジャーバンドを正確に理解しているかどうかもありますが、
どのような状況の時にボリンジャーバンドが有効であるかわかっていること。

また、ボリンジャーバンドが特定の動きを見せた時に
相場がどちらの方向に動くかを理解しているのです。

 

つまり、いくつかの必勝パターンを持っており
そのパターンが出たときのみトレードに参加し、
それ以外は手を出さないのです。


ロスカットが重要であることは言うまでもありませんが、
自分の必勝パターンのときのみ相場に参加していると
あまりロスカットをする必要性もなくなってきます。

>最適なエントリータイミングを教えてくれるサインツール