FX投資のメリットには大きく分けて3つあります。

その3つとは、
1.レバレッジ
2.24時間オープン
3.スワップポイント

の3つです。
それぞれに解説してみましょう。

 

まず、その1はレバレッジが効く

やはり資金効率が良いことが第一に挙げられます。
レバレッジ(てこの原理)を効かせることによって
個人投資家は25倍までのレバレッジを掛けることができます。

また、法人化をしたり、海外で口座を開いたりすることにより
場合によっては300倍などのレバレッジを効かせることが可能です。

たとえば300倍のレバレッジならば1万円の証拠金で
300万円分のポジションを持てることになりますから、
いかに資金を効率的に運用できるかがわかります。

 

次のメリットはいつでも24時間取引ができる

FXのマーケットは24時間オープンしているので
取引のチャンスを逃さないのもメリットです。

日本の株式市場が午前9時にオープンし昼休みを挟んで
午後3時にクローズするのに比較すると格段に長い取引時間です。

サラリーマンなどで日中マーケットに参加できない人が
深夜や早朝に場を見ながら取引に臨むことが可能なのもFXの長所です。

 

最後、3つめに、スワップポイントがたまる

スワップポイントを貯めることができる楽しみがあります。

スワップポイントとは為替の金利差によりポジションを持ち越すとをもらえます。
レバレッジを効かせたのがそのまま反映されるため、
少ない証拠金で大きなスワップポイントをもらえるというのがメリットです。

例えば豪ドル円の買いポジションで10万豪ドル円を
1日持ち越すと約700円スワップポイントをもらえます。

法人口座を使って5万円の証拠金で10万豪ドル円のポジションを持ち、
途中でロスカットされないとすると、
3か月を超えないうちにスワップポイントだけで元本を越えてしまいます。


年利500%以上という豪ドル円の外貨預金ではもらえない数字が期待できるのです。

第四に扱っている対象が通貨なので、
メジャー通貨を対象にディールしていればデフォルトリスクが少ないのもメリットです。

ドル、ユーロ、円などひとたびデフォルトしたら世界経済に悪影響が及ぶものに対しては
世界各国で協力してのセーフティネットが用意されているのは魅力です。

株の場合はストップ安で取引成立せず売るに売れないということもありますが、
FXは暴落中でも逃げることができます。