FXで稼げる人の特徴

自分のルールを何があっても守っている

私はよく人が書いているFXブログを見たり、FX生放送配信を見たりしていますが、
コンスタントに毎月利益をだしている人たちには一つの共通した特徴があります。

 

それはルールを機械的にしっかり守っているという事です。

 

例えばですが、ナンピン手法の場合は4回まで、
20PIPS自分の投資している逆の方向に動くとナンピンを現在の枚数の倍入れるなど
完全に機械的にやっています。

 

儲けも20PIPS儲かると、すぐに利益確定するなどきっちりとルールが決まっています。

為替の場合は、大幅な変動がありますので、ちょうど20PIPSで入れなかったり、
いきなり40PIPS下落したりと場面によっての対処が必要になりますが、
ほとんどの場合は、このようなルールを守って取引をしている人が稼いでいます。

 

適当にポジションを取っても、半分の確立で勝つことができるのもFXですが、
残念ながら、中々連続して50パーセントを取る事は難しいです。

1回のポジションで10万円儲かった、100万円儲かったなどの報告がありますが、
それは残念ながら一過性のものです。

 

トータルで稼ぐためには、
しっかりとしたルールの確立と、それを守る強い意志が必要です。

 

情報を広く詳細に知っている

FXを始めたばかりの人はびっくりする事があるかと思います。

11時までは、2PIPSとか3PIPSなどの小幅な動きだったのに、
11時になったとたん20PIPSや30PIPS動きだし、
ボラティリティが高くなったりする事があります。

 

これは、指標と言われるものです。
為替相場の動きのほとんどは、指標の数値で動いたり動き出したりします。

 

もちろん、誰かの発言や公演などで動く事もありますが、ほとんど指標と思って大丈夫です。
稼いでいる人が取引前に絶対にする事は、その日の指標の確認です。

11時に大きな動きがある指標があるなと思えば、
11時前には、すべてを決済しどちらの方向に動くか見極めたり、
指標で大幅に動いた所からポジションを取ったりと、

手法は様々ですが、大きな動きがある指標の把握は、稼いでいる皆さんがしています。

 

どんな人でも、持ったポジションが100パーセント利益が出る事はありません。

FXで儲かっている人の特徴は、
上記のように自分の勝てるルールをしっかりと守って、さらに情報を得てます。

 

指標だけではなく、アメリカの大統領は誰になるか、日本は政権交代があるか、
EUの難民問題はどうなるかなども情報の1つです。

国内だけではなく、
世界の情報を調べたり、探したりする事もFXで稼ぐために大切な事だったりします。