FXでの操作ミスには気をつけて!

 

FXの初心者の頃はたくさんの失敗をしました。
最大の失敗は売りと買いを間違えて発注したことです。

まさか、そんな失敗をするなんてないだろうと思うかもしれませんが、
慌てているときによくやるミスなのです。

 

相場はいつも動いているので、
環境の良い自宅の部屋でパソコンに向かいながら取引できるとは限りません。

時には外出先の電車の中や出先のトイレでケータイを見ながら取引をすることもあるのです。

 

最近でこそスマートフォンのアプリで良いものが出て来たので取引しやすくなっていますが、
私が初心者の頃はケータイ端末からの取引で使い勝手が悪かったのも
ミスをする一つの原因でした。

取引のタイミングは一瞬なので確認画面を
表示させない設定にしていたのも問題だったと思います。

買いポジションをとったつもりでせっかく意図通りに爆上げしているのに
なぜか含み損が増えて行っているときは青ざめてしまいました。

いったい何故こんなことになるのだろうと調べてみたら
ポジションが売りになっているのです。

一瞬ソフトの不調かと疑いましたが、実は自分が発注ミスをしていたのです。

滅多に損切りをしない私もこんなときは躊躇なく損切りしてしまいます。

頭がカーッとなって冷静さを欠いているのが分かるので
その日は一日取引をしなかったのですが、これは正解だったと思います。

 

初心者の頃は操作ミスでせっかくのチャンスを逸してしまうことがあります。
しかし、儲けのチャンスを見送っても、
操作ミスを起こしにくい環境の良い場所でしか取引をしないというのが私の得た教訓です。